犬のシャンプーのやり方5STEP!注意点や嫌がる犬への対策を紹介

犬のシャンプーのやり方5STEP!注意点や嫌がる犬への対策を紹介 犬のコラム

「犬にシャンプーするときって、体のどこからやっていけばいいの?注意点は?」

「犬用のシャンプーを買うのは面倒くさいし、人間用のものを使っても大丈夫?」

といった犬のシャンプーの仕方について調べているそこのあなた。

汚れや匂いが気になったら、シャンプーしたくなりますよね。

「シャンプーのやり方を良く知らない。なんとなくでやっている」

という飼い主の方も多いです。

この記事では、以下の内容について説明します。

  • シャンプーのやり方
  • シャンプー後の乾かし方
  • シャンプーを嫌がる犬への接し方
  • シャンプー時の注意点やよくある質問

正しいシャンプーの知識・手順を覚えて、愛犬の清潔さをサポートしてあげましょう。

犬のシャンプーに必要な6つの道具

シャンプーとシャンプー後に必要な道具は以下の6つです。

  • 犬用シャンプー
  • 洗面器具
  • スポンジ
  • 犬用リンス
  • ドライヤー
  • ブラシ

リンスはなくても問題ないですが、した方が良いです。

皮膚の状態をアルカリ性から元の状態(弱酸性)に戻してくれるからです。

リンスをした方が毛流れは良くなるので、パサつきがある犬にはリンスをするのもおすすめですよ。

犬のシャンプーのやり方・泡立て方5STEP

シャンプーのやり方・泡立て方 5STEP

シャンプーの手順や泡立て方を紹介します。

以下の5つの手順で行ってください。

  1. ブラッシングする
  2. 全身濡らす
  3. シャンプーする
  4. すすぐ
  5. リンスをして再度すすぐ

リンスをしない場合は、4番目の「すすぐ」で終了です。

STEP①.ブラッシングする

ブラッシングをして、シャンプーをしやすくしましょう。

毛に付着しているフケやゴミを落としてあげてください。

ブラッシングが好きな犬は気持ちよくて、喜んでくれて一石二鳥ですよ。

被毛のもつれもほどいて、流れを整えましょう。

STEP②.全身濡らす

シャワーで、全身を濡らしてあげましょう。

お湯の適温は37~38度。

人間の手でちょっとぬるいなと感じる温度がシャンプー時の適温です。

濡らす順序は、「お尻から頭」にかけてするのが望ましいです。

被毛だけではなく、地肌までしっかり濡らしてください。

シャワーヘッド―を軽く体に当ててあげてもOK。

STEP③.シャンプーする

シャンプーは洗面器で泡立ててから、つけて洗ってあげましょう。

  1. 適量のシャンプーを洗面器に入れる
  2. シャワーの水圧を強めにした状態で、洗面器に水を入れる
  3. 少し泡立ったシャンプーをスポンジでさらに泡立てる

以上の手順でシャンプーの泡立ては完了。

続いて、泡立ったシャンプーで洗っていきます。

背中→お尻→足先→顔周りの順番で洗ってください。

目の周りを洗う場合は、慎重に行いましょう。

万が一、目に入ってしまった場合はシャワーで優しく洗い流してあげてください。

STEP④.すすぐ

すすぐ際は、「顔周りからお尻」の順序できれいにしてください。

顔→背中・胸→お尻・尻尾といったようにすすぎましょう。

一通り泡を取り除いたら、ヌメリをとっていきます。

「ヌル」とした感覚がなくなるまで、水を含ませたスポンジでヌメリをとりましょう。

リンスをしない場合は、ここで終了です。

STEP⑤.リンスをして再度すすぐ

首から下だけリンスをしていきます。

リンスは泡立てなくてOK。

なじませる感覚で体に着けてあげてください。

すすぎは「首からお尻」の順番ですすぎましょう

シャンプー後のケア方法2STEP

シャンプー後のケア2STEP

シャンプー後のケアはとても大切。

半乾きの状態で自然乾燥はNG。

乾かすときの手順は以下の2STEPです。

  • タオルである程度乾かす
  • ドライヤーで完全に乾かす

STEP1. タオルである程度乾かす

ドライヤーの前にタオルで、水分を取ってあげましょう。

シャワー後はなるべく早めに、拭いてください。

濡れた状態では、体温を奪われてしまうからです。

風邪の原因になるので、しっかりとタオルドライをしてあげましょう。

STEP2. ドライヤーで完全に乾かす

タオルドライ後は、ドライヤーで完全に乾かしてあげてください。

ドライヤーで乾かす際は、犬に直接風が当たらないようにしましょう。

乾かす際に飼い主の手に風を当てて、跳ね返った風で乾かすのが良いです。

やや時間はかかりますが、皮膚・被毛を傷めずに済みます。

ドライヤーの温度は、低温で優しく乾かしてあげてください。

最後は冷風とブラシで毛並みを揃えて終了。

顔を乾かすときは、距離をなるべく離して目に風が当たらないようにしましょう。

耳元やあごの舌は乾きにくいので、念入りに乾かしてあげてください。

耳の中が濡れているようであれば、綿棒で水分をとってドライしましょう。

嫌がる犬にシャンプーする方法

シャンプーを喜ぶ犬もいれば、嫌がる犬もいます。

嫌がる犬への対処法と嫌いな原因を理解してあげましょう。

シャワー嫌いの原因は、以下の通りです。

  • 怖い(音、水、泡)
  • 水が熱い・冷たい
  • 濡れるのが嫌

シャワーをする過程で作業・物体・環境内に苦手なものがあるのです。

お風呂場の環境や水に徐々に慣れさせてあげるのが大切。

お風呂場でおもちゃを使って遊んであげたり、適温の湯が入った洗面器に手だけ入れてあげたりしましょう。

最初は短時間で、徐々に慣らしてあげるのがポイント。

5~10分程度の短時間から始めて、苦手意識を徐々に薄れさせてあげましょう。

シャンプーをする際の2つの注意点

シャンプー時の2つの注意点

シャンプーをする際の注意点は、以下の2つです。

  • シャンプーの頻度は月に1、2回が良い
  • 人間と同じシャンプーは使わない

注意点①.シャンプーの頻度は月に1、2回が良い

シャンプーの頻度は月に1、2回程度を目安にしましょう。

洗いすぎも禁物です。

犬の肌の皮膚の油が取り除かれてしまうからです。

皮膚や被毛のコーティングがはがれると、バリア機能が失われます。

失われると乾燥しやすくなったり、被毛がパサついたりしてしまいます。

汚れが気になる部分は、蒸しタオルで拭いてあげましょう。

月に1,2回はあくまで目安なので、季節にあわせて臨機応変に対応してください。

注意点②.人間と同じシャンプーは使わない

人間と同じシャンプーを、犬に使ってはいけません。

犬には、人間のシャンプーは刺激が強いからです。

皮膚のpH(ピーエイチ)が違うのが原因です。

犬専用のシャンプーが販売されているので、専用シャンプーを買ってください。

シャンプーに関するよくある質問Q&A2選

シャンプーに関するよくあるQ&A

シャンプーに関するよくある質問と回答を用意しました。

  • お湯だけで洗ってはダメなの?
  • お湯の温度はどのくらいが最適なの?

お湯だけで洗ってはダメなの?

お湯だけで洗っても良いです。

シャンプーを嫌がるなら、お湯で洗ってあげましょう。

お湯でも汚れは落とせます。

水が苦手な子で、どうしても汚れが気になるならドライシャンプーもおすすめ。

濡れタオルで拭き落とせる場合もあるので、臨機応変に対応してください。

お湯の温度はどのくらいが最適なの?

犬にとっての適温は37~38度。

人間基準では少しぬるい程度の温度です。

高温ではやけどになる可能性がありますし、被毛を傷める原因にもなります。

まとめ

この記事では、犬の「シャンプーのやり方」「シャンプーを嫌がる犬に慣れさせる方法」について紹介しました。

以下がまとめです。

  • シャンプーは月に1,2回程度の頻度でやるとよい
  • 「濡らす→泡立てる→洗う→すすぐ」の順番でシャンプーしよう
  • 湯水で濡らすときはお尻から、徐々に湯に慣らしてあげよう
  • シャンプーは泡立ててから、犬につけて洗おう
  • 犬への湯水の適温は37~38度
  • シャンプーだけでなくリンスもおすすめ
  • 人間用のシャンプーで犬を洗ってはいけない
  • シャンプーが苦手な子には、水やお風呂に徐々に慣らしていくことが大切
  • シャンプーのやりすぎは、必要な皮脂を取り除いてしまう原因になる
  • シャンプーが嫌なら、お湯だけで洗ってもOK

いかがでしたか。

シャンプーをして清潔な体を保ってほしいですよね。

嫌がる子にシャンプーをするのは、気持ちが痛むと思うので、徐々に慣らしてあげましょう。

シャンプーのやり方を見直して、愛犬の健康維持をサポートしてあげてください。

迷ったらコレ!おすすめの主食向けフード
このこのごはん
おすすめPOINT!
  • 小麦不使用のグルテンフリーフード
  • 原材料がヒューマングレードで良質
  •  小型犬が食べやすい薄い粒形状
価格(税込) 内容量 対象年齢・犬種 タイプ
3,850円 1.0kg 全年齢・小型犬向け ドライ
価格(税込) 3,480円
内容量 1.8kg
対象年齢 全年齢
タイプ ドライ
うまか
おすすめPOINT!
  • 全年齢・全犬種対応の総合栄養食フード
  • 獣医師も推奨するドライフード
  • 着色料・保存料・小麦(グルテンフリー)不使用
価格(税込) 内容量 対象年齢・犬種 タイプ
4,980円 1.5kg 全年齢・全犬種 ドライ
価格(税込) 3,480円
内容量 1.8kg
対象年齢 全年齢
タイプ ドライ
モグワン
おすすめPOINT!
  • ヒューマングレードの原材料を使用
  • 穀物不使用のグレインフリーフード
  • 原材料の50%以上が動物性タンパク質
価格(税込) 内容量 対象年齢・犬種 タイプ
4,356円 1.8kg 全年齢・全犬種 ドライ
価格(税込) 3,480円
内容量 1.8kg
対象年齢 全年齢
タイプ ドライ
犬のコラム
わんわんナビ