パグは飼いにくいって本当?飼うのが大変な点や値段・費用を解説

パグは飼いにくいって本当?飼うのが大変な点や値段・費用を解説 犬のコラム

「パグってブサイクで可愛いから買ってみたい」

「パグは飼いにくいって本当?なんで飼いにくいの?」

といったパグを飼ってみたいと思っているそこのあなた。

パグって丸くて、愛嬌があって、とても可愛いですよね。

そんな愛らしいパグですが、飼うのには少々手間がかかります。

この記事では、以下の内容について解説します。

  • パグの飼いづらい点・飼う上で大変な点
  • パグの相場や飼うのにかかる費用
  • パグの性格や特徴
  • パグを飼うのに向いている人・向いていない人

パグを飼おうか迷っている方は、大変な点も把握して育てるようにしましょう。

パグが飼いにくいのは手間がかかるから

パグ

飼いにくいと言われている理由は、手間がかかるからです。

通常の犬より、飼育する上で手間がかかってしまいます。

過去に他の犬を飼っていた方でも、パグは大変だそうです。

パグは、短頭種でダブルコート(二重被毛)など変わったところがあります。

愛らしいルックスである反面、体質上の手間がかかってしまうのです。

パグの飼うのが大変なポイント5選

パグは飼うのが大変?

飼うのが大変なポイントは、以下の5つです。

  • 温度管理をしてあげないといけない
  • 病気になりやすい
  • 毛のお手入れが大変
  • 顔周りのお掃除が必要
  • 散歩や運動を他の犬より多めにしなければならない

温度管理をしてあげないといけない

パグは通常の犬より、体温調節が苦手。

鼻が低いので、呼吸が下手なので温度変化に弱いです。

暑いのも、寒いのも苦手。

熱中症にもなりやすいので、夏場は得に注意が必要です。

体温維持のためにエアコンの温度を調整しなければなりません。

冷房代や暖房代が通常の犬よりかかってしまいます。

ちなみに、パグにとっての部屋の適温は23~25度程度です。

病気になりやすい

パグの体は丈夫ではなく、病気になりやすいです。

皮膚が弱く、皮膚病にもかかりやすいのが特徴。

アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎にかかりやすいです。

膿皮症にもなりやすく、フケや湿疹が全身にでてしまうことも。

その他に、パグがなりやすいと言われている病気は以下の通りです。

パグがなりやすい病気
  • 壊死性髄膜脳炎
  • 短頭種気道症候群
  • 間擦疹
  • 洞不全症候群
  • レッグぺルテス
  • ピルビン酸キナーゼ欠乏症

毛のお手入れが大変

パグの毛はダブルコートといい、被毛が二重構造になっています。

ダブルコートは毛が抜けやすいです。

抜け毛が多く、ブラッシングすると大量に毛が抜けるなんてことも。

ブラッシングしなければ、部屋にパグの毛が散乱してしまいます。

季節の変わり目である換毛期は念入りに、ブラッシングしなければなりません。

顔周りのお掃除が必要

顔にしわがあり、汚れが溜まってしまいやすいです。

しわ部分や耳周りは、濡れタオルで拭いてあげなければなりません。

しわ掃除は、週に1回~毎日が目安。

拭いた時の汚れ具合で、掃除する頻度を決めましょう。

季節によっても、しわの蒸れやすさが違います。

掃除は、臨機応変に頻度を調整してください。

月に1回程度はシャンプーしてあげる必要があります。

散歩や運動を他の犬より多めにしなければならない

パグは体質的に太りやすいです。

食べ物への執着心もあり、よく食べます。

好き嫌いと言われています。

散歩は、1日2回行いましょう。

朝と夕方に1回ずつ、1km(1回につき)散歩するのが目安。

1回につき10~20分程度、歩かせてあげなければなりません。

熱中症になりやすいので、日陰を歩かせるなど、夏は注意してください。

パグの理想体重は、6.3~8.1kg。

理想体重より重い場合、獣医師に相談することをおすすめします。

パグを飼うのにかかる値段や費用

パグって高い?

パグにかかる費用は、以下の通りです。

項目 値段・費用
購入する際の費用 42万円前後
食費 5,000~6,000円(ひと月あたり)
日用品 2,000~5,000円(ひと月あたり)
医療費 適宜
トリミング代 適宜(1回3,500円前後)

これらの費用が掛かります。

値段が非常に高いことが分かりますね。

加えて、ペット保険に加入する際に、費用が発生しています。

パグの性格や特徴

2匹のパグ

パグの性格や特徴についても、確認していきましょう。

個体差があるので、一概に言えるわけではない点だけご理解ください。

パグの性格はとてもいい

パグは性格がいいと言われることが多いです。

具体的には、以下の通り。

  • 愛嬌がある
  • 明るい性格
  • 穏やか
  • 人懐っこい
  • 無駄吠えが少ない
  • 狂暴でない
  • のんびりしている
  • 明るい

これらのことからも性格が良いことがわかりますね。

ただし犬によっては、頑固な部分がある子もいます。

特徴や大きさ

パグの特徴は、小型犬で短頭種であること。

平均的な寿命は13年と言われています。

体重や体高は、以下の通りです。

成長段階 体高 体重
子犬 20cm 6kg
成犬 25cm 7~8kg前後

パグを飼うのに向いている人・向いていない人

パグを撫でる人

飼うのに向いている人と向いていない人をまとめると、以下の通りです。

パグを飼うのに向いている人

向いている人は、以下の通りです。

パグを飼うのに向いている人
  • 犬の世話が大好きな人
  • 犬の抜け毛が気にならない人
  • あまりお留守番させる機会がない家庭環境の人
  • 犬のケアを頻繁に行える人
  • 散歩を1日2回行える人

これらが当てはまっている方は、飼っても問題ないでしょう。

小さくて愛らしいブサカワ犬が好きな方は、飼いたくてたまりませんよね。

パグを飼うのに向いていない人

向いていない人は、以下の通りです。

パグを飼うのに向いていない人
  • 犬を初めて飼う予定の人
  • 電気代や医療費などの生活維持費が気になってしまう人

パグは病気にもかかりやすく、体温調節も苦手。

初心者の方が飼うのには難しい犬種です。

性格は良いものの、丁寧に飼わなければいけません。

犬飼い経験のない人が飼う際は、よく検討して飼いましょう。

パグを飼っている芸能人

芸能人

パグ好きな有名人は沢山います。

あの何とも言えないキャラクターが受けるのでしょう。

パグを飼っている芸能人
  • 優香
  • 新山千春
  • 小関美穂
  • 犬飼このり
  • TOMOMI
  • 町田慎吾
  • 崎田樹会
  • 岡見勇信
  • 篠原愛実
  • 力也

他にも犬を飼っている芸能人を知りたい方は、以下の記事もぜひご覧ください。

【2022年】トイプードル飼っている芸能人12人!名前・インスタ画像

この記事では、プードルを飼っている芸能人をメインで紹介しています。

プードル以外の犬を飼っている芸能人も紹介しているので、気になるところをご覧ください。

まとめ

まとめ

この記事では、「パグが飼うのが大変なのか」や「パグを飼うと大変なところ」について解説しました。

以下がまとめです。

この記事のまとめ
  • パグを飼うのは手間がかかり大変
  • 体温調節が苦手で、皮膚病にもかかりやすい
  • 性格はのんびり屋でおだやか
  • 抜け毛が多いので、ブラッシングは念入りに
  • 太りやすいので、散歩は1日2回行おう
  • パグを犬飼い初心者が育てるのはおすすめできない
  • 手入れや飼育費用が気にならない方にパグはおすすめ

いかがでしたか?

パグは丸っこくて、もふもふでとても可愛いですよね。

ただ、可愛いだけで飼う犬を選んではいけません。

飼う際に注意すべき点を把握した上で、飼った後に後悔がないようにしましょう。

犬を飼うことは、育てる責任を持つこと。

飼うときめたら、しっかりお世話をしてくださいね。

迷ったらコレ!おすすめの主食向けフード
このこのごはん
おすすめPOINT!
  • 小麦不使用のグルテンフリーフード
  • 原材料がヒューマングレードで良質
  •  小型犬が食べやすい薄い粒形状
価格(税込) 内容量 対象年齢・犬種 タイプ
3,850円 1.0kg 全年齢・小型犬向け ドライ
価格(税込) 3,480円
内容量 1.8kg
対象年齢 全年齢
タイプ ドライ
うまか
おすすめPOINT!
  • 全年齢・全犬種対応の総合栄養食フード
  • 獣医師も推奨するドライフード
  • 着色料・保存料・小麦(グルテンフリー)不使用
価格(税込) 内容量 対象年齢・犬種 タイプ
4,980円 1.5kg 全年齢・全犬種 ドライ
価格(税込) 3,480円
内容量 1.8kg
対象年齢 全年齢
タイプ ドライ
モグワン
おすすめPOINT!
  • ヒューマングレードの原材料を使用
  • 穀物不使用のグレインフリーフード
  • 原材料の50%以上が動物性タンパク質
価格(税込) 内容量 対象年齢・犬種 タイプ
4,356円 1.8kg 全年齢・全犬種 ドライ
価格(税込) 3,480円
内容量 1.8kg
対象年齢 全年齢
タイプ ドライ
犬のコラム
わんわんナビ