缶詰めタイプのおすすめドッグフードランキングTOP10!安全・安さで比較

缶詰タイプのドッグフードおすすめ10選 ドッグフードおすすめランキング

「缶タイプのエサは、うちの子食べてくれるかしら?どれがいいの?」

「缶タイプって1日で食べきれるの?」

といった缶タイプのエサを探しているそこのあなた。

缶タイプのエサにも主食となる「総合栄養食」とそれ以外のものもあります。

1缶当たり100円前後のモノから、高価なエサだと2000円程度するものも。

この記事では、「おすすめの缶タイプのエサ」「エサの選び方」について、紹介します。

愛犬にあったエサを探している方は、必見の内容です。

缶詰タイプのおすすめドッグフード一覧表

ダックス ごはん皿

今回紹介するドッグフードを10缶を表にまとめました。

料金や内容量を比較する際にご覧ください。

商品名 価格 内容量 kg単価 対象年齢
デビフ ささみ 2,968円 1,800g 1,649円 全年齢
アニウェル ハイカロリー 5,097円 3,600g 1,416円 成犬
シーザー シンプルレシピ 2,772円 1,920g 1,443円 成犬
デビフ シニア用 2,232円 1,020g 2,188円 シニア犬
アイリスオーヤマ ヘルシーステップ 2,480円 9,000g 276円 全年齢
デビフ ひな鶏レバーの水煮 2,968円 1,800g 1,648円 全年齢
ロイヤルカナン ウェット缶 4,040円 2,340g 1,726円 -(療法食)
べディグリー ビーフ&野菜 4,873円 9,600g 508円 11歳以上
デビフ 牛肉ミンチ 3,912円 1,560g 2,508円 全年齢
いなば 日本の魚 2,860円 4,080g 701円 離乳後の犬

kg単価で比較した場合、「アイリスオーヤマ ヘルシーステップ」が最も安いです。

ヘルシーステップは、総合栄養食でもあります。

ヘルシーステップと水さえ与えれば、犬が必要な栄養素を満たすことが可能。

全年齢対応のドッグフードなので、どの段階の犬でも食べられますよ。

缶詰めタイプのおすすめドッグフードランキングTOP10

缶詰めタイプのおすすめランキングTOP10

缶タイプのおすすめドッグフードは、以下の10つです。

缶詰めタイプのおすすめドッグフード
  • デビフ ささみ&レバーミンチ
  • アニウェル ハイカロリー
  • シーザー シンプルレシピ ほぐしささみと3種の野菜
  • デビフ シニア犬の食事ささみ&すりおろし野菜
  • アイリスオーヤマ ヘルシーステップ ビーフ&野菜
  • デビフ ひな鶏レバーの水煮 野菜入り
  • ロイヤルカナン 満腹感サポート ウェット缶
  • ペディグリー 11歳以上用 角切りビーフ&緑黄色野菜
  • デビフ 牛肉ミンチ
  • いなば 日本の魚 さば まぐろ・かつお入り

1位 デビフ ささみ&レバーミンチ

デビフ ささみ&レバーミンチ

ささみ&レバーミンチは、全成長段階の犬が食べれるドッグフード。

1缶あたり150gで販売されているエサです。

特徴は以下の通りです。

  • 着色料・発色剤は不使用
  • 国産で全犬種対応のエサ
  • 鶏肉をミンチ状に仕上げた総合栄養食
  • 幼犬からシニア犬の主食として与えてOK
内容量 150g×12缶
価格(税込) 2,968円
主な原材料 鶏肉、鶏ささみ、鶏レバー

2位 アニウェル ハイカロリー

アニウェル ハイカロリー

アニウェル ハイカロリーは、高カロリーの栄養補完食。

高カロリーに抵抗のある場合、低カロリーのエサもあるので検討してみてください。

特徴は以下の通り。

  • 中性脂肪酸を配合しており、栄養補給向け
  • 主原料が、鶏肉と鶏レバー
  • 1缶当たり247.5kcalの高カロリー
  • 150gの国産ドッグフード
内容量 150g × 24缶
価格(税込) 5,097円
主な原材料 鶏肉、鶏内臓、大豆油

3位 シーザー シンプルレシピ ほぐしささみと3種の野菜

シーザー シンプルレシピ ほぐしささみと3種の野菜

シンプルレシピは、タイ産の成犬向けドッグフード。

総合栄養食のドライフードと一緒に与えることが推奨されています。

特徴は以下の通りです。

  • 1缶あたり80gの食べきりやすいサイズ
  • 原材料は鶏胸肉や鶏ささみなどの鶏肉がメイン
  • 野菜はにんじん、ジャガイモ、グリーンピースなどを使用
  • タイが原産のウェットフード
内容量 80g ×24缶
価格(税込) 2,772円
主な原材料 鶏胸肉、鶏ささみ、にんじん

4位 デビフ シニア犬の食事ささみ&すりおろし野菜

デビフ シニア犬の食事ささみ&すりおろし野菜

ささみ&すりおろし野菜は、全犬種対応の高齢犬向けドッグフード。

シニア犬のための軟らかめの総合栄養食です。

特徴は以下の通りです。

  • グルコサミンとDHAを配合
  • 鶏ささみや鶏レバーなどの鶏肉がメイン
  • じゃがいもと人参、グリンピースなどの野菜も配合
  • 1缶あたり85gの食べやすい内容量
内容量 85g×12缶
価格(税込) 2,232円
主な原材料 鶏ささみ、鶏肉、鶏レバー

5位 アイリスオーヤマ ヘルシーステップ ビーフ&野菜

アイリスオーヤマ ヘルシーステップ ビーフ&野菜

ヘルシーステップは、1缶で375gの大ボリューム缶。

数日で食べきれない犬もいるので、大型の成犬におすすめです。

特徴は以下の通りです。

・全成長段階用の総合栄養食で、マルチビタミンも配合
・合成保存料、合成着色料、大豆類不使用
・にんじん、グリーンピース、コーンなどの野菜を使用
・鶏肉と牛肉がメイン

内容量 375g×24缶
価格(税込) 2,480
主な原材料 肉類、野菜、でん粉類

6位 デビフ ひな鶏レバーの水煮 野菜入り

デビフ ひな鶏レバーの水煮 野菜入り

ひな鶏レバーの水煮は、鶏内臓がメインのエサ。

国産の犬用栄養補完食です。

特徴は以下の通りです。

  • 鉄分やビタミンA、葉酸が含まれているレバーを使用
  • 着色料・発色剤を不使用
  • じゃがいも、ニンジン、グリンピースなどの野菜も入っている
  • タンパク質をメインに、3種類の野菜が取れる
内容量 150g×12缶
価格(税込) 2,968円
主な原材料 鶏内臓、じゃがいも、人参

7位 ロイヤルカナン 満腹感サポート ウェット缶

ロイヤルカナン 満腹感サポート ウェット缶

満足感サポートは、食事療法食。

犬の健康的な減量をサポートするエサです。

特徴は以下の通りです。

  • 高食物繊維で満腹感が得られるので、減量させたい犬向けのサポート食
  • 低脂肪と高食物繊維により、健康的な減量に配慮
  • 豚肉や鶏肉がメイン
  • 必要なビタミン・ミネラルを充分に摂取できるように調整されている
内容量 195g×12缶
価格(税込) 4,040円
主な原材料 豚肉、鶏肉、コーンフラワー

8位 ペディグリー 11歳以上用 角切りビーフ&緑黄色野菜

ペディグリー 11歳以上用 角切りビーフ&緑黄色野菜

角切りビーフ&緑黄色野菜は、400gの大容量サイズ。

11歳以上の高齢犬向けの総合栄養食です。

特徴は以下の通りです。

  • チキンやビーフなどの肉類を使用
  • にんじんやホウレンソウなどの野菜を使用
  • 原産国はオーストラリア
  • 食べ応えのある角切りタイプのお肉がメインで入っている
内容量 400g ×24個
価格(税込) 4,873円
主な原材料 肉類、野菜類、小麦

9位 デビフ 牛肉ミンチ

デビフ 牛肉ミンチ

牛肉ミンチは、1缶65gと少量で小型犬でも食べきりやすい缶詰。

原産国が日本の国産ドッグフードです。

特徴は以下の通りです。

  • 牛肉、鶏ささみ、鶏胸肉、鶏内臓などの肉類がメインのエサ
  • 着色料は不使用
  • 肉をミンチ上に仕上げているので、子犬も成犬も食べやすい
  • 栄養補完食なので、総合栄養食と一緒に与えるのが良い
内容量 65g × 24缶
価格(税込) 3,912円
主な原材料 牛肉、鶏ささみ、鶏胸肉

10位 いなば 日本の魚 さば まぐろ・かつお入り

いなば 日本の魚 さば まぐろ・かつお入り

日本の魚は、魚がメインの原材料のドッグフード。

特徴は以下の通りです。

  • さばやかつお、まぐろなどを原材料に使用
  • ゼリータイプのウェットフード
  • 健康油DHA・EPAを摂れる
  • エサに緑茶消臭成分配合
内容量 170g×24缶
価格(税込) 2,860円 (税込)
主な原材料 さば、かつお、まぐろ

缶詰めタイプのドッグフードの選び方3選

缶詰めタイプのフードって何を基準に選べばいいの?

缶タイプのドッグフードを選ぶ際は、以下の3つに着目して選びましょう。

  • タンパク質が多めのエサ
  • 添加物が少ないエサ
  • 年齢にあったエサ

以上の3つを基準に選ぶと、犬の体にあったエサを選びやすいですよ。

タンパク質が多めのエサ

犬に最も必要な栄養素は、たんぱく質です。

原材料の1番目や2番目に肉類が表示されているものを選びましょう。

鶏肉、牛肉、鹿肉などが多く表示されています。

ささみは高たんぱく低カロリーなので、特におすすめ。

チキン風味のエサは犬に好まれやすいので、鶏肉が原料のエサを選ぶと良いでしょう。

添加物が少ないエサ

添加物の少ないエサを選びましょう。

無添加と表記されているものも多いですが、本当に添加物が「0」のものはほとんどないです。

無添加にはっきりとした基準がないためです。

エサを加工する際に添加物がなくても、原材料を製造する際に添加物が加えられている場合も考えられます。

全過程を消費者が調べるのは難しいので、添加物の少ないエサを選ぶのがおすすめです。

年齢にあったエサ

エサは主に、以下の年齢ごとに分けられています。

対象 年齢
子犬 生後から1年程度
成犬 1歳~7歳程度
シニア犬(高齢犬) 7歳以上

成長段階によって、必要な栄養素が違います。

缶詰は基本ウェットフードなので、対象が違っても食べやすいです。

しかし対象が違えば、摂取すべき栄養も異なります。

パッケージに書いてあるので、年齢にあったエサを選びましょう。

開封済みの缶は長期保存できない

缶詰めを与える時に気を付けるべきことって何?

ドッグフードの缶詰は、60g~400g程度のサイズのものまであります。

容量が大きければ大きいほど、1日で食べきれないこともあるでしょう。

缶詰の開封後の賞味期限はあいまいなので、できるだけ早く食べることを推奨します。

缶詰めに限らず、ドッグフードは開封すると日持ちしません。

開封すると酸化が始まるので、ドライフードでも2週間から1か月しか持たないのです。

エサを開封した後は、密封容器に移して、冷蔵庫で保管しましょう。

缶詰タイプに関するよくある質問Q&A

首をかしげる犬

よくある質問は、以下の4つです。

  • 未開封の状態ではどのくらい保存が効くのですか?
  • 冷えた状態の缶詰めフードをすぐに与えてもいいですか?
  • 食後に歯磨きはさせた方が良いですか?
  • 缶詰めウェットフードは開封後何分以内に食べきるべきですか?
  • 缶詰めフードを主食として、与えても大丈夫でしょうか?

未開封の状態ではどのくらい保存が効くのですか?

未開封の状態なら、賞味期限は3年程度です。

未開封の状態での保管方法は以下のような商品が多いです。

  • 直射日光や高温多湿を避けて保存
  • 常温保存

開封しなければ、冷蔵庫で保管しなくてもOK。

冷蔵庫のスペースを埋めなくて済むので、助かりますね。

冷えた状態の缶詰めフードをすぐに与えてもいいですか?

冷えた状態のフードは与えてはなりません。

必ず、常温の状態のフードを与えましょう。

常温に戻すのにおすすめの方法は、以下の2つです。

  • フードをお皿に移して、レンジで温める(数秒程度)
  • お湯をフードにかける

食後に歯磨きはさせた方が良いですか?

歯磨きをしてあげましょう。

缶詰をはじめとするウェットフードは、カスが歯に付着しやすいです。

愛犬の口内トラブルを未然に防ぐためにも、歯磨きは重要。

食後は歯磨きして、カスを除去してあげてくださいね。

缶詰タイプではないウェットフードについても知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

缶詰めウェットフードは開封後何分以内に食べきるべきですか?

ウェットフードなので、20分以内が目安。

20分経っても、フードが余っているなら片付けてください。

時間が経つと、品質が変化してしまうからです。

  • 酸化
  • 腐敗
  • 有害物質の繁殖

これらの変化が起きます。

犬の健康状態に影響がでないように、食べさせないようにして下さい。

余ったら勿体ないですが、愛犬が体調を崩してしまうよりはよほど良いでしょう。

缶詰めフードを主食として与えても大丈夫でしょうか?

  • 主食として与えても大丈夫なフード
  • 主食として与えてはいけないフード

どちらのタイプのフードもあります。

総合栄養食の缶詰フードなら主食として与えてOK。

水と総合栄養食フードさえ与えれば、必要な栄養素を摂取できます。

ただし、対応する成長段階をよく確認してください。

他のフードなら、おやつやトッピングとして与えるのがおすすめ。

ウェットフードはカロリーが高いです。

与えすぎると、肥満になります。

愛犬が肥満にならないように、与える量に注意してください。

まとめ

コーギー

この記事では、缶詰タイプのおすすめドッグフードを紹介しました。

以下がまとめです。

この記事のまとめ
  • 年齢に合うドッグフードを選ぼう
  • 缶詰ドッグフードは開封後、日持ちしない
  • 缶詰にも総合栄養食や栄養補完食など種類が分かれる
  • 100g前後だと、1回で食べきりやすい
  • 缶詰タイプは1缶あたり60g~400g程度のボリューム
  • 犬にもっとも必要な栄養素はタンパク質なので、肉類がメインのエサがおすすめ

いかがでしたか?

愛犬が喜んでくれて、健康的な生活を送れるドッグフードを選びましょう。

まずは少量サイズの缶で、喜んで食べてくれるか試してみるのがおすすめですよ。

わんわんナビでは、他のタイプのごはんも紹介しています。

気になる方は、以下の記事もご覧ください。

 

迷ったらコレ!おすすめの主食向けフード
このこのごはん
おすすめPOINT!
  • 小麦不使用のグルテンフリーフード
  • 原材料がヒューマングレードで良質
  •  小型犬が食べやすい薄い粒形状
価格(税込) 内容量 対象年齢・犬種 タイプ
3,850円 1.0kg 全年齢・小型犬向け ドライ
価格(税込) 3,480円
内容量 1.8kg
対象年齢 全年齢
タイプ ドライ
うまか
おすすめPOINT!
  • 全年齢・全犬種対応の総合栄養食フード
  • 獣医師も推奨するドライフード
  • 着色料・保存料・小麦(グルテンフリー)不使用
価格(税込) 内容量 対象年齢・犬種 タイプ
4,980円 1.5kg 全年齢・全犬種 ドライ
価格(税込) 3,480円
内容量 1.8kg
対象年齢 全年齢
タイプ ドライ
モグワン
おすすめPOINT!
  • ヒューマングレードの原材料を使用
  • 穀物不使用のグレインフリーフード
  • 原材料の50%以上が動物性タンパク質
価格(税込) 内容量 対象年齢・犬種 タイプ
4,356円 1.8kg 全年齢・全犬種 ドライ
価格(税込) 3,480円
内容量 1.8kg
対象年齢 全年齢
タイプ ドライ
ドッグフードおすすめランキング
わんわんナビ