ブルドッグって何種類いるの?大きさや写真・似た犬も一緒に紹介

ブルドッグって何種類いるの?大きさや写真・似た犬も一緒に紹介 犬のコラム

「ブルドッグとフレンチブルドッグ以外にも、種類あるの?」

「ブルドッグとフレンチの違いって?パグとはどう違うの?」

といったブルドッグの種類や違いについて、調べているそこのあなた。

ブルドッグは、全部で4種類です。

現存するブルドッグでは3種類。

この記事では、以下の内容について説明します。

この記事で分かること
  • ブルドッグの種類
  • 各ブルドッグの大きさや原産国
  • ブルドッグの歴史や寿命
  • ブルドッグの毛色
  • パグとの違い
  • ブルドッグと似た犬

ブルドッグについて、詳しく知りたい方は必見の内容ですよ。

ブルドッグの種類は4種類

ブルドッグは、4種類に分けられます。

ブルドッグの種類
  • フレンチ・ブルドッグ
  • イングリッシュ・ブルドッグ
  • アメリカン・ブルドッグ
  • ミニチュア・ブルドッグ(絶滅)

4種類の内、「ミニチュア・ブルドッグ」は絶滅してしまいました。

現状としては、3種類しか地球上にいません。

フレンチ・ブルドッグ

フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグは、フランス生まれの小型犬。

イングリッシュブルドッグと、パグやテリアの交配によって生まれた犬とされています。

フランスでとても人気を博している犬で、著名人が飼っているケースも。

現存する種類のブルドッグでは、一番ミニサイズ。

立ち耳タイプのワンちゃんです。

体高 24~35cm
体重 10kg前後
サイズ 小型犬
毛色 ホワイト/ブリンドル/フォーン/ホワイト&ブリンドル/タン
原産国 フランス

イングリッシュ・ブルドッグ

イングリッシュ・ブルドッグ

イングリッシュ・ブルドッグは、イギリス・イングランド生まれの中型犬。

一般的に「ブルドッグ」と呼ばれるのがこのタイプです。

イングリッシュ・ブルドッグが出産する際は、帝王切開が主流。

医療費がかかるため、イングリッシュ・ブルドッグの値段相場も高くなってしまいます。

中型犬の中でも寿命の短い犬種。

「ブルドッグ特有の遺伝性疾患が多いこと」や「死産率が高い」ことが、平均寿命が低い原因の一つ。

イングリッシュブルドッグは、現存する3種の中では中くらいの大きさ。

日本でも多く見られるタイプです。

体高 30~41cm
体重 25kg前後
サイズ 中型犬
毛色 ブリンドル/レッド/フォーン/ファロー/ホワイト/パイド
原産国 イギリス、イングランド

アメリカン・ブルドッグ

アメリカン・ブルドッグ

アメリカンブルドッグは、アメリカ生まれのブルドッグ。

イングリッシュブルドッグよりも大きく、足が長いです。

体重も重く、大きいタイプだと58kg程度もあります。

日本のやや小柄な成人男性と同じくらいの体重です。

現存するブルドッグの中では、最も逞しいタイプ。

忠誠心が強く、家族重いなことで知られています。

体高 50~70cm
体重 27~58kg
サイズ 大型犬
毛色 ホワイト/ブリンドル/フォーン/ブラウン/レッド
原産国 アメリカ

ミニチュア・ブルドッグ

絶滅してしまったタイプのブルドッグです。

イギリスのイングランド生まれのワンちゃん。

1930年代に絶滅したとされています。

フレンチ・ブルドッグが人気になったことから、人気競争に負けて絶滅してしまったと言われています。

最近、海外で交配によりもう一度作り出そうとしているタイプの犬です。

ちなみにミニチュア・ブルドッグは、イングリッシュブルドッグとも似ていません。

イングリッシュブルドッグの小型版という訳ではないので、覚えておきましょう。

体高 ー(不明)
体重 11~18kg
サイズ ー(不明)
毛色 ー(不明)
原産国 イギリス

JKC公認のブルドッグは2種類のみ

JKC(ジャパン・ケネル・クラブ)公認のブルドッグは、2種類のみです。

以下の2種類です。

  • ブルドッグ
  • フレンチブルドッグ

ジャパンケネルクラブは、一般社団法人の国際的愛犬団体。

  • 純粋犬種の犬籍登録
  • 有能・優良犬の普及

などの活動を指定している団体です。

日本ではフレンチブルドッグが人気

2021年の犬種別犬籍登録頭数は、以下の通り。

犬種 頭数
フレンチ・ブルドッグ 12,942件
ブルドッグ 925件

参考:一般社団法人ジャパン ケネル クラブ「2021年犬種別犬籍登録頭数」

フレンチブルドッグがとても多いことが分かりますね。

ちなみに、フレンチブルドッグの登録頭数(2021年)は全犬種の内で5位。

ブルドッグは30位でした。

フランスだけでなく、日本でもフレンチブルドッグが愛されていることが分かりますね。

ブルドッグはこんな犬

ブルドッグってどんな犬?

ブルドッグを以下の項目に分けて、解説します。

  • 歴史
  • 特徴
  • 寿命
  • 性格

歴史

ブルドッグは、「ブルベイティング」のために生み出された犬種。

ブルベイティングは、娯楽用の見世物のこと。

牛を拘束した状態で、数頭の犬を放ち、牛を倒させる見世物。

この牛に攻撃する犬種として、ブルドッグは改良のもと生まれました。

マスティフ系統の犬種の改良や交配を繰り返して、生まれたと考えられています。

今はブルベイティングが禁止となっているので、こういった見世物に利用されることはなくなりました。

しかし見世物がなくなったため、ブルドッグは繁殖されることが無くなり、絶滅しそうにもなったとされています。

特徴

ブルドッグの特徴は、以下の通りです。

 

ブルドッグの特徴
  • 肩幅が広い
  • 重心が低い
  • 体は筋肉質
  • 体高は低い
  • 下あごが出ている
  • 頭が大きい
  • 性格は勇敢
  • 骨盤が小さい

以上の特徴があります。

見世物犬としても飼われていましたが、意外と苦手なことも多い子です。

  • 出産がしづらい(骨盤が小さいため)
  • 泳げない

などの他の犬が正常にできるのに対し、苦手とする一面もある子です。

寿命

寿命は、ブルドッグの種類によってもバラつきがあります。

詳しくは、以下の表をご覧ください。

種類 平均的な寿命
フレンチ・ブルドッグ 10~12歳
イングリッシュ・ブルドッグ 8~12歳
アメリカン・ブルドッグ 10~15歳

性格

ブルドッグの性格は、「忠誠心が強く、愛情深い」とされています。

見た目とは裏腹に、温和な性格で、優しい子が多いです。

一方で警戒心が薄いので、番犬には向かないとされています。

ブルドッグの毛色は4種類

ブルドッグの毛色って何種類あるの?

ブルドッグの毛色は、以下の4種類です。

ブルドッグの毛色
  • 単色
  • パイド
  • ブリンドル
  • スマット

単色

単色とは、毛色が1色のみ。

全身が1色で構成されているワンちゃんです。

  • ホワイト
  • ファロー(淡い黄色)
  • レッド
  • フォーン(金色がかった茶色)

単色のブルドッグは、珍しいです。

パイド

パイドは白色の毛色がメインで、ところどころ別の色がある犬。

白地がメインで、一色か二色程度別の色があります。

パイドは人気の毛色です。

ブリンドル

ブリンドルは、黒地がベースの毛色。

ベースの毛色に、茶色やタン、金などの差し色がところどころ混ざっている毛色です。

スマット

スマットは、マスクやマズルの部分の色が黒。

その他は、単色を基調としている毛色です。

フレンチブルドッグとパグとの違い

フレンチブルドッグとパグの違いは、以下の部分。

  • 尻尾

詳細は、以下の表の通りです。

違いのある部分 ブルドッグ パグ
立ち耳(コウモリ耳) 垂れ耳(ローズイアー、ボタンイアー)
鋭い 鋭くはない
尻尾 尻尾がないまたはスクリューテール 後頭部の方向に巻かれている

ブルドッグと似た犬

ブルドッグと似ている犬は、以下の犬たちです。

ブルドッグと似ている犬
  • ボストンテリア
  • パグ
  • アメリカン・スタッフォードシャー・テリア
  • スタッフォードシャー・ブル・テリア
  • ボクサー犬

ボストンテリア

ボストンテリアは、アメリカ生まれの犬。

フレンチ・ブルドッグとかなり似ていますね。

初見の人では、見極められないでしょう。

ボストンテリア

パグ

フレンチブルドッグと体高まで同じくらいの犬です。

パグ

アメリカン・スタッファードシャー・テリア

名前にもある通りの、アメリカ生まれの犬。

体型がブルドッグに近しい似ています。

アメリカン・スタッフォードシャー・テリア

スタッフォードシャー・ブル・テリア

イギリス生まれのワンちゃんです。

中型犬に分類されます。

イングリッシュ・ブルドッグに似ていますね。

 

スタッフォードシャー・ブル・テリア

ボクサー犬

下あごが突き出ているところが似ていますね。

筋肉質で、体が引き締まっています。

まとめ

この記事では、「ブルドッグの種類」や「歴史や毛色」などについて、解説しました。

以下がまとめです。

この記事のまとめ
  • ブルドッグは、4種類に分類される
  • 現存するブルドッグは、3種類しかいない
  • 一般的に言われるブルドッグは、「イングリッシュ・ブルドッグ」
  • 日本ではフレンチブルドッグが人気
  • ミニチュア・ブルドッグは絶滅しており、現在はどこにもいない
  • JKC公認のブルドッグは、2種類のみ
  • フレンチブルドッグとパグでは「耳・歯・尻尾」などに違いがある

いかがでしたか?

ブルドッグの種類を始め、歴史や特徴など概要を解説しました。

この記事を読むことで、ブルドッグについてかなり詳しくなったと思います。

当サイト(わんわんナビ)では、いろんな犬のコラムを投稿しています。

気になる記事があれば、ぜひ以下の記事もご覧ください。

スヌーピーはビーグルがモデル犬種なの?みたいな犬・似てる犬

豆柴と柴犬の大きさ以外の違いって何?大きくなることってあるの?

ドーベルマンは怖い?危ないのかや飼うのが難しい・大変な理由

犬にもほくろってできるの?注意点や危険な部位・マダニについて解説

迷ったらコレ!おすすめの主食向けフード
このこのごはん
おすすめPOINT!
  • 小麦不使用のグルテンフリーフード
  • 原材料がヒューマングレードで良質
  •  小型犬が食べやすい薄い粒形状
価格(税込) 内容量 対象年齢・犬種 タイプ
3,850円 1.0kg 全年齢・小型犬向け ドライ
価格(税込) 3,480円
内容量 1.8kg
対象年齢 全年齢
タイプ ドライ
うまか
おすすめPOINT!
  • 全年齢・全犬種対応の総合栄養食フード
  • 獣医師も推奨するドライフード
  • 着色料・保存料・小麦(グルテンフリー)不使用
価格(税込) 内容量 対象年齢・犬種 タイプ
4,980円 1.5kg 全年齢・全犬種 ドライ
価格(税込) 3,480円
内容量 1.8kg
対象年齢 全年齢
タイプ ドライ
モグワン
おすすめPOINT!
  • ヒューマングレードの原材料を使用
  • 穀物不使用のグレインフリーフード
  • 原材料の50%以上が動物性タンパク質
価格(税込) 内容量 対象年齢・犬種 タイプ
4,356円 1.8kg 全年齢・全犬種 ドライ
価格(税込) 3,480円
内容量 1.8kg
対象年齢 全年齢
タイプ ドライ
犬のコラム
わんわんナビ