メニュー

犬のしつけ教室 大阪府東大阪市

TEL/FAX06-6784-0030 大阪府東大阪市御厨南 1-3-16
10:00 〜 19:00(定休日:火曜日)

ししも、去勢手術に行く(mー_ー)m.。o○(前編)

公開日:2017年03月27日 カテゴリー:ドッグキャッチの毎日, 我が家の愛犬

ミニチュアプードル ししも 生後174日。

あと1週間で生後6ヶ月になる男の子犬

 

今日は、去勢手術のため動物病院に行きました。


いつもの朝。
※昨日の夜からお水とごはん抜きだから、ちょっとくらいはおかしいと思ってるかなぁ。。。

 

 


動物病院はお店から3分なので、お散歩がてら歩いて出発~手 (チョキ)

 

 


ご近所さんにご挨拶をして、出かけていきました。

 

 

ドッグキャッチでは、わんちゃんの不妊手術をオススメしています。

だいたい、生後6ヶ月から1年位までに行うのがいちばんです。
もちろん、大人になってからでも可能ですし、賛成ですほっとした顔

 

病気の予防、ストレスの軽減を一番のメリットと考えています。

ただ、簡単な手術とはいえ、
手術は手術なので他にも色々と考え方があると思います。

絶対にしよう。と決めている自分の愛犬であっても
やっぱり、心配だし、ちょっと可哀想たらーっ (汗)とは感じますよ。

 

ししもの場合は、
exclamation 去勢手術
exclamation でべその処置
exclamation 後ろ足の狼爪除去
exclamation 麻酔時の後ろ足のレントゲン
を、一緒にやってもらいます。

他に、乳歯の抜けていない子は一緒に手術してもらうと良いですね。

全身麻酔も、この頃はだいぶ進化したといいますが、
まぁ、一緒に出来る処置は合わせてお願いするのが良いかと思います。
全身麻酔のリスクの他に、お金の面でも節約が出来ます。

 

不妊手術について、悩み事のある方はお気軽にご相談下さい。
exclamationexclamation絶対にするべきだexclamation今すぐしておいでdouble exclamationexclamationとは言いません。

心配事のリスクや、メリットや、考え方など相談に乗りますよ☆

 

 

ししも、夕方に帰ってきます☆

 

コメントを残す

アーカイブ

ブログ内検索